フィリピンパブドリーム フィリピーナ大好き

フィリピーナにハマったバツイチ、アラフォーオヤジの恋日記
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑TOP
    フィリピーナとのデート
    0

       さてカイラとの3回目のデートです。


      あいかわらず彼女には休みがないので会うのは平日の夕方でカイラの出勤までのわずかな時間です。

       

      食事をしてコーヒーを飲むくらいがせいいっぱい。

       

      今回のデートには僕なりの目標がありました。

       

      先日、念願の写真を1枚もらいましたができればもっと欲しい。

       

      食事が終わったら撮らせてもらうぞと意気込んでいました。

       

      食事は彼女の希望通りステーキです。

       


      ネットでさがしたちょっと高級そうなステーキレストランに連れていきました。

       

      オーダーを終え、前菜が運ばれてくると彼女は携帯を取り出し、こう言いました

       

      「シャシン トッテイイデスカ?」

       


      僕は、前菜で運ばれてきた野菜がちょっと珍しいのかなと思い

       

      「いいんじゃない?他にお客さんいないし」と言いました。

       


      最近、多いですよね。飲食店で料理を携帯で撮ってる人。

       



      彼女は料理が運ばれてくると携帯カメラを取り出し、写真を撮り始めました。

       

      「えっ?どこ?何撮ってるの?」


      彼女はなぜかカメラを僕に向けています。

       

      「○○サンノシャシンホシイデス サッキトッテイイッテイッタヨ」

       

      「え?オレを撮るの?料理じゃないの」

       


      なぜか彼女は僕の写真を撮りました。

       

      (何のつもりだろう?)


      (誰かに見せるのか?)


      (誰に?何のために?)






      フィリピンパブ統括マネージャーが明かす。 フィリピーナを口説き落とす特殊な手口とは? 一体?!



      あなたの愛したフィリピーナは真実を封印しています!




      | フィリピーナとの同伴 | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
      フィリピーナとの同伴
      0

         カイラはとてもよく話すコでした。



        料理が好きなこと。



        フィリピンの家族のこと。



        好きなファッションのこと。



        好きなお店のこと。



        フィリピン人というとちょっと違った目で見ていた僕ですが、こうして話を聞いてると
        カイラもごく普通の女のコなんだなあという気がしてきました。




        その後は約束の同伴。

         


        開店直後のお店には僕一人しかお客がいません。

         

        (_ _|||)




        僕のテンションはあいかわらず低いまま。

         

        (結局、いいように利用されてるだけか)

         


        (もうこれっきりにしよう。どうせどうにかなるものでもないし)

         




        フィリピンパブ統括マネージャーが明かす。フィリピーナを口説き落とす特殊な手口とは? 一体?!



        あなたの愛したフィリピーナは真実を封印しています!




         



        美人フィリピーナと二人きりでライブチャット!
        現地フィリピンから生放送中!!
        無料で顔も見れるしメールもできますよ〜^^
        ここから
        | フィリピーナとの同伴 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
        フィリピーナとの待ち合わせ
        0

          フィリピーナ、カイラとの初めてのデート。



          彼女は日本のことを知らないうえに、日本語もあまりわかりません。




          最初の待ち合わせから大変です。




          前途多難だなあなんて思いながら、 駅向こうのスタバまで僕はダッシュしました。


          (この寒いのに外で待ってるんだろか?)





          駅向こうのスタバに着いたのは電話を切ってから10分後くらい。






          最初に気がついたのは彼女の方でした。




          「○○サーン ココデース!」

           

          (人ごみで大きな声で人を呼ぶなっつうの。)

           


          彼女はいきなり駆けよってきて頬にキスをせがむしぐさをします。

           


          周りの人が数人こちらを見ていました。

           



          「寒いから店の中で待っててって言ったのに」

           



          「ダイジョブ サムクナイ ○○サン ヤサシイネ」

           


          (また優しいか。そりゃそうだよな。飯おごって同伴してくれる優しい客だもんな)

           



          待ち合わせ時間から30分後、やっと会えた僕たちは食事に向かうことにしました。








          美人フィリピーナと二人きりでライブチャット!
          現地フィリピンから生放送中!!
          無料で顔も見れるしメールもできますよ〜^^
          ここから
          | フィリピーナとの同伴 | 11:51 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
          初デート3
          0

            まずは、1件目のスタバに行ってみました。




            彼女がいる気配はありません。




            (ハズレか。 そうすると次は駅の向こう側だな)




            (しかし今日はほんと寒いな)

             


            ちょっと心配になった僕は彼女に電話しました。




            「10分くらいかかるかもしれないからお店の中で待ってて」




            「ダイジョブ サムクナイデス オミセノマエニイルデス」



            この日の気温は氷点下。




            この冬一番の寒さと言われていたような気温です。




            寒くないはずがありません。




            (ちょっと能天気なのか?)








            美人フィリピーナと二人きりでライブチャット!
            現地フィリピンから生放送中!!
            無料で顔も見れるしメールもできますよ〜^^
            ここから






            | フィリピーナとの同伴 | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
            初デート2
            0

               フィリピーナ、カイラとの初デート。



              待ち合わせの時間になりました。



              (あちゃーまずいな。△△駅って言っても出入り口だけで8箇所もあるやん)



              (駅の向こうとこっちじゃかなり離れてるし、カイラに東西南北なんて説明できないし)



              そんなことを考えていると彼女からの電話が鳴りました。

               

              「イマ スタバ マエ イルデス アナタ ドコニイル?」



              「え?どこって」



              (説明してわかんのか?)




              困ったことに繁華街のど真ん中のこの駅の周辺には、たしか2、3件スタバがあります。




              「どこのスタバ?」




              「スタバデス スターバックス シラナイデスカ?」




              「いや、知ってるけど。そうじゃなくて」




              「ワタシスタバ コーヒースキデス オネーチャント ヨクノミニイクデス」





              (今、そんなこと言ってる場合じゃねえし)

               


              「わかった。じゃあそこで待ってて。オレが行くから」




              「ハイデス」





              僕はとりあえず、一番近いスタバに走りました。 







              美人フィリピーナと二人きりでライブチャット!
              現地フィリピンから生放送中!!
              無料で顔も見れるしメールもできますよ〜^^
              ここから




              | フィリピーナとの同伴 | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
              初デート
              0

                 さて駅前の大型書店にタガログ語の本を買いに行った僕ですが、そこにカイラから
                メールが。

                 

                (なんだ?待ち合わせまで1時間もあるのに。もしかしてドタキャン?)




                なんだかんだいいつつも、ほんの少し会えるのを楽しみにしていた僕はちょっとドキドキしながら
                メールを開いてみました。



                「いま ○○○ いる むかえにきてって からおけ」



                (は?迎えに来い?からおけ?)



                ちょっとムッとした僕は電話してみました。



                「待ち合わせ△△駅だよね?○○○ってどこ?何言ってるかわかんない」



                「drtれぇrhふぉqうぇふぃwq!!」




                ・・・。



                (電話はアカンわ。何言ってるのかさっぱりわからん)




                「カイラ、どこ? 何言ってる?わからない」




                「だいじょぶ わたしじぶんで△△えき いくです 」




                (迎えに来いってなんだよ)




                僕のテンションは、どんどん下がっていきました。




                フィリピンパブ統括マネージャーが明かす。フィリピーナを口説き落とす特殊な手口とは? 一体?!



                あなたの愛したフィリピーナは真実を封印しています!




                | フィリピーナとの同伴 | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                フィリピーナを食事に誘う
                0

                  「あした ごはん どうですか?」

                   

                  「うれしい。いくです」

                   

                  やった!と思ったのもつかの間。


                  彼女からの次のメールは。

                   

                  「ごはん たべた あと おみせ きれくれるですか?」

                   

                  何だ明日も仕事か、しかも同伴。



                  ハァ━(-д-;)━ァ...



                  ちょっとだけ期待した自分が悲しくなりました。

                   

                  かわいいフィリピン人のカイラ。





                  こんなコが僕のようなチビデブのおっさんと普通にデートなんてしてくれるはずがありません。

                   

                  (結局、同伴が目当てか)



                  ひょっとしたらひょっとすると僕に気があるんじゃないかと思った自分がバカでした。

                   

                  しかし誘った以上、こちらから断るわけにもいかず

                   

                  (まあいっか、たとえ同伴が目当てでもこんなカワイイ子とご飯が食べれるんだし)

                   

                  僕はとりあえず何が食べたい?とメールを送ってみました。

                   

                  「やきにく!やきにく すきです」

                   

                  なんじゃそりゃ?







                  フィリピンパブ統括マネージャーが明かす。フィリピーナを口説き落とす特殊な手口とは? 一体?!



                  あなたの愛したフィリピーナは真実を封印しています!




                  | フィリピーナとの同伴 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                  オススメ♪
                  オススメ♪
                  オススメ♪
                  オススメ♪
                  オススメ♪
                  オススメ♪
                  オススメ♪
                  PR
                  PROFILE
                  LINKS
                  CALENDAR
                  S M T W T F S
                   123456
                  78910111213
                  14151617181920
                  21222324252627
                  28293031   
                  << July 2019 >>
                  SELECTED ENTRIES
                  CATEGORIES
                  ARCHIVES
                  新着コメント
                  スポンサードリンク
                  格安航空券
                  キャバ嬢を落とす【クロスXキャバ】
                  フィリピンライブチャット
                  フィリピンライブチャット
                  MOBILE
                  qrcode